胃部疾病

Stomach trouble

肠道疾病

Intestinal diseases

食管疾病

Esophageal disease

内镜检查中心

Inspection Center

千赢猫の食道炎

2019-01-04 14:35|来源: 网络整理 |浏览次数:

【症状】食べ物をすぐに吐き出したり、よだれを流したりする

食道炎になると、食道に痛みが生じるため、食べ物を飲み込んでもすぐに吐き出すようになります(吐出:としゅつ)。痛みがひどくなると、唾を飲み込むのもつらく、何度も唾を飲み込もうとするしぐさが見られたり、逆に唾を飲み込めずによだれを流すようになったり(流涎:りゅうぜん)します。また、痛みのため、食べ物を飲み込みづらくなり(嚥下困難:えんげこんなん)、飲み込むときに泣き叫ぶといった症状が見られます。
これらを放っておくと、食欲や飲水欲が低下し、体重が減ったり、脱水を起こしたりし、次第に元気がなくなります。さらに、吐出したものを誤って吸引してしまうことがあり、誤嚥性肺炎を起こし、発熱したり、咳や呼吸困難を起こしたりすることがあります。長期化すると食道狭窄や巨大食道症を併発することになります。

【原因】刺激物や尖った異物、ほかの消化器系の病気など

食道炎は様々な原因で起こります。食道を傷つけるような薬品や尖った異物(鳥や魚の骨など)、熱いものなどを飲み込み、食道粘膜がただれてしまって起こることもあれば、胃炎や膵炎などで何度も嘔吐を繰り返し、逆流した胃液で食道粘膜がただれて起こることもあります。このほか、巨大食道症や食道狭窄といった食道自体の病気から食道炎が起こることがあります。

【治療】食道の炎症緩和と原因に対する治療を並行して行う

食道炎の治療は、胃炎や膵炎など原因となっている病気があれば、その治療を行いつつ、食道の炎症を緩和するため、粘膜保護剤や胃酸分泌抑制剤、抗炎症剤などの投与を行います。症状が軽ければ、食道への刺激が少ない流動食をこまめに食べさせますが、重度の場合は、食道を休ませるため、胃にチューブを通してそこから栄養や水分の補給を行ったり、点滴したりします。誤嚥性肺炎などがあれば、抗生剤の全身投与を行うこともあります。

【予防】刺激物などを猫が口にしないように気をつける

食道炎を予防するには、刺激物である薬品や熱いもの、魚の骨などの異物を猫が口に入れないように注意することが大切です。また、嘔吐を繰り返すような場合は早期に動物病院で治療を受けさせるようにしましょう。

我们不仅提供线下医疗服务,还提供网络问询服务

We provide not only offline medical service but also Internet inquiry.

猫の    食道炎   

延伸阅读

热点排行

Top